民泊勉強会 | コミュニティ屋さん|清水明夫

民泊勉強会

ブログ, メディア情報

民泊新法が可決される前に、何度か民泊に関する勉強会を主催いたしました。

その様子を上毛新聞さんに取材していただき、掲載していただきました。

現在も、まだ数としてはそれほど多くない高崎市の民泊市場ですが、増加傾向にある外国人観光客の影響もあり、これから徐々に増えていく事が予想されます。

しかも、昨年は世界最大の民泊サイトAIRBNB内のランキングにて、国内5位にランクインした高崎市。

https://press.airbnb.com/ja/hospitalitycities/

まだそれほど普及していない今だからこそ、チャンスな市場だと思います。

行政として心配される 「 既存の宿泊業を圧迫してしまわないか」という点においても、 既存の宿泊施設とはそもそも利用する客層も異なります。新聞記事の中にも書いてあるように、 民泊の事をちゃんと勉強すれば分かるのですが、それほど競合しませんし、民泊をきっかけに高崎市に訪れて、高崎市を訪れてくれる人が増えれば、既存の宿泊施設にも良い影響を出せるものになり得ます。

どのように客層が違うかというと、既存の宿泊施設は、「その土地に訪れる事自体が目的で、宿泊施設を利用する事が手段」であるお客さんが利用すると思いますが、民泊は「その民泊施設を利用する事自体が目的」のお客さんが多く利用します。

ですので、高崎市を知ってもらう良いきっかけとなり得ます。特に体験性の高いコンテンツが求められている昨今の観光市場においては、民泊のような体験性の高い宿泊コンテンツは、国内のみならず海外の観光客に求められています。

高崎市内で民泊を始めたい方がいましたら、お気軽にご相談いただけたらと思います。

Follow me!!

清水 明夫

1984年12月18日群馬県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。学生時代にシェアハウス運営会社を起業、都内でシェアハウスを運営する傍ら、北海道から九州まで国内各地におけるシェアハウス開業を支援。日本国内のシェアハウス普及における草分け的存在に。2013年より地元群馬県に戻り地域活動を開始。2015年高崎市議会議員選挙にて2位で初当選。移住促進活動や野外音楽フェスの開催、毎月1~2回のマルシェイベントの運営、ライブハウスでの政治イベントの開催などの活動を経て、2019年、2度目の市議会議員選挙にて1位当選を果たす。
清水 明夫
Follow me!!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧