野外音楽フェスティバル | 高崎市議会議員|清水明夫

野外音楽フェスティバル

マニュフェスト

2015年の統一地方選挙で初当選させて頂き、その際に野外音楽フェスティバルをやる事を公約で掲げました。

2015年統一地方選挙の際の清水明夫パンフレットより

僕が高校生くらいの頃、高崎には高崎野外音楽フェスティバルというイベントがありました。

僕の人生に大きな影響を与えたイベントです。

無料イベントだったため、まだそこまで音楽にどっぷりではなかった僕の足を、軽い気持ちで向かわせてくれました。

僕が影響を与えてもらった恩をずっと感じており、当時それを裏方で支えてくださっていた先輩方には、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな恩を、恩返しというよりは恩送りという形で実現できないかと思ったのが、この公約のきっかけでした。

結果的に、昨年、僕は仲間と共に、高校生無料の野外音楽フェスティバルを実現しました。

(参照: https://g-ikki.com/2018/07/05/post-215/

最初は、行政にやってもらえないかと思い、議会の中でも何度か取り上げた事があります。

行政は一向に動きそうになく、ただ公約で掲げたものに対して、「私は声をあげたのに、行政が聞く耳を持たなかった」というような、時々議員が使うようなダサい言い訳はしたくなかった。

結果的に5200人を動員し、表向きは大成功に終わったフェスとなりました。たくさんのポジティブな感想を頂き、本当にやってよかったと思いました。

ただ、これは「表向き」の話で、内情を明かしますと、大きな赤字を出してしまい、仲間と共に赤字の補填をしました。

それでも、またやりたい。

僕が先輩たちに機会をもらったように、若い子たちに機会を提供したい。

「いい子」になる事を求められがちな、自分を表現する術を失いがちなこのご時世に、表現する事の素晴らしさを伝えたい。

愛するこの故郷の素晴らしさを、日本全国に発信したい。

なので、懲りずに、愚直に、チャレンジしますよ。

最高の仲間たちと共に。一緒に取り組んでくれる仲間も募集中です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧