身近なアンパンマンみたい – コミュニティ屋さん|清水明夫

清水明夫ってこんな人

清水明夫の他己紹介コーナーです。

黒岩由香 骨髄バンク普及映画を作る会 代表

身近なアンパンマンみたい

明夫さんに初めてお会いしたのは4年前。
骨髄ドナー助成制度を高崎市にも導入してほしい、でも私の力ではどうにもできない、そう思っていた時でした。骨髄バンクの現状や、活動する私たちの思いを丁寧に聞いてくれました。その後、明夫さんは色々な人に会いに行き思考錯誤を重ね、ついに昨年から高崎市でもドナー助成制度が始まったのです。
これはあきらめずに動いてくれた明夫さんのお蔭です。

人のために突っ走ることができる人。
でも遠い世界のヒーローじゃない、身近なアンパンマンみたいな人。
これからどんな風を吹かせてくれるのか楽しみです。

投稿者:黒岩 由香
― 骨髄バンク普及映画を作る会 代表
http://kotsuzui-eiga.org/index.html

Follow me!!

清水 明夫

1984年12月18日群馬県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。学生時代にシェアハウス運営会社を起業、都内でシェアハウスを運営する傍ら、北海道から九州まで国内各地におけるシェアハウス開業を支援。日本国内のシェアハウス普及における草分け的存在に。2013年より地元群馬県に戻り地域活動を開始。2015年高崎市議会議員選挙にて2位で初当選。移住促進活動や野外音楽フェスの開催、毎月1~2回のマルシェイベントの運営、ライブハウスでの政治イベントの開催などの活動を経て、2019年、2度目の市議会議員選挙にて1位で当選。
清水 明夫
Follow me!!